映画化

蛇にピアス 著者:金原ひとみ (第27回すばる文学賞 第130回芥川龍之介賞) 映画化 主演 吉高由里子

「ねぇ、スプリット・タンて知ってる?」から始まる主人公の人生。 何となくの毎日を過ごし渋谷をふらつく主人公の19歳のルイ。 そんなある日、クラブで眉と唇にピアス、背中に龍の刺青に加え、舌が蛇の様に二手に分かれていた「スプリット・タン」を持つアマと名乗る男に声をかけられる。 そんな舌に興味を持ったルイも舌にピアスを開ける。その時感じた痛みに恍惚を感じるルイはその痛さに生きている実感を得てハマっていく。 ルイとアマは痛みによってお互いの慰めと生きる実感に頼りながら社会の物陰で生きていく。 社会の歪みで痛みに頼って生きる繊細な心を持つ登場人物達のストーリー。

手紙 著者:東野圭吾 (文藝春秋) 心に重く響く結末

映画化もされた話題作。 弟の学費を稼ぐために一生懸命働く兄と、期待に応えるため学問に取り組む弟の物語。 裕福ではなかったが、一生懸命生きて幸せな家族だった。 しかし、弟の大学進学のための金がほしく、兄が空き巣に入り強盗殺人の罪を犯してしまい生活は一転する。 「差別はね、当然なんだよ」と言う平野の言葉の重みにハッとさせられます。 また、最後の数ページでは心では抱えることのできないくらいの衝撃と迷いがあなたの心を揺れ動かすことでしょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました