日本での隔離期間生活について

アヒルは久しぶりの日本を堪能しました。
これからもどうしても出張に行かなければならない方もいるハズ。
情報共有と言う事で、日本での隔離経験を下記に記載致します。

先に言いますが、一通りチェックが住んだであろう18時以降出歩く方もいるし、位置情報をOFFにして出歩く方もいます・・・
居場所や体調管理の自動音声連絡が来ますが、正直そんな感じです。

空港にて

アプリのダウンロードや各書類へ記入を求められますが、空港の方がとても親切なので、ほぼ教えてくれるので心配ご無用です。
なんなら、ダウンロードから設定までやってくれます。
念のため、厚生労働省のWEBサイトリンクを貼っておきます。

アプリについて

ダウンロードしなければならないアプリは下記2つです。

1.My SOSアプリ


2.新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)

このCOCOAアプリはダウンロード後の操作はありません。

1日3回のチェックについて(My SOSアプリ)

1日3回連絡が来ました。(全て自動)

回数形態内容
1回目 メッセージ受信 位置情報確認のためにボタンを押すだけ
2回目 電話受信 顔と背景を移さなければならない
 (事前にこれから連絡します。とメッセージが来ます。)
3回目 メッセージ受信 位置情報確認のためにボタンを押すだけ
1日3回のチェック内容


メモ1:
連絡が来る時間はランダムです。
アヒルは大体10:00~17:30の間に3回の連絡が来ました。

メモ2:
アヒルは時差のある海外との仕事を朝方までして昼間寝ていることもあり、電話をキャッチ出来ない時が5、6回程ありました。
出れない場合はその日の内に2、3回掛けなおしてきます。
全て取れない場合は、翌日の午前中から昼に電話がくる傾向があったと思います。
ちなみに、「入国者健康確認センターからの着信」という表記でかかってきます。

メモ3:
電話連絡は全て自動でした。(色々と聞きたいことがあったのに聞けませんでした・・・)
掛けなおしも出来ない為、電話の音では起きない方はやり過ごします。

メモ4:
夕食素材を買いに外を歩いている時に自動電話を受けたのでキャッチしたところ、翌日「外出を検知しました。家に居ましょう」的なメッセージが来ておりました。
ビビりましたが、だからと言ってその後は何もありませんでした。

メモ5:隔離終了の日になると、勝手にMy SOSアプリが管理者(どこかの行政機関?)との通信をOFFにしてくれます。

メモ6:
この他、1日1回、体調を崩していないか健康状態をこのMy SOSアプリに入力する必要があります。
こちらは「いいえ」を2回押すだけなので、アヒルでも毎日出来ました。

賛否両論あるかと思いますが、スーパーで食材を買って自炊出来る環境は素晴らしいです。
以前、シンガポールでは窓もない部屋に14日間隔離され、美味しくもない食べ物を与えられ、何かの罰かと思ってしまう程でした。

いづれにせよ、早く隔離の無い生活になります様に!

タイトルとURLをコピーしました