AI分析でわかった トップ5%社員の習慣  著:越川 慎司

このタイトルを見た時「こんな社畜になるような本は気が進まないな。」と思っておりましたが、サラリーマンとして働いていた頃の私、そして現在の経営する立場両方に参考になる本でした。
 自分も真似てみようかなと思えるくらいの事が多く、少し働くことが楽しみになる気持ちになりました。

あらすじ

「デキる社員」の共通する行動を合計約1万8,000人の働き方を定点カメラ・ICレコーダー・GPSで調査し、収集したデータをAIと専門家で分析した結果から、「デキる5%社員」と「普通の95%社員」の違いをまとめた内容が書かれています。

実はどんな凡人でも出来ることをシンプルに行っている5%の社員。
その内容があきらかに。
 

ジャンル

分析結果を基にした「働き方」のヒントが学べる書籍。
しかし、これはスポーツや何かの上位を目指す方全てが読んでも得られることが沢山あると思います。

完読後の感想

「AI分析でわかった トップ5%社員の習慣」を読み、本書で書かれている「やらないことの明確化が重要である」という言葉が目から鱗でした。

すぐに頭をよぎったのは、アヒル自身が「好きなことをして生きていく。」という言葉に惹かれて独立したのですが、自由奔放にとらえられるこの言葉に少し違和感を感じていました。
恐らくアヒルの場合は「嫌なことをしないで生きていく。」という言葉がぴったりです。即ち「やらないことを明確化」した道を選択したのだと思いました。

「得ること」と同じ程「捨てること」が重要と言う事を強く感じ、何だか気持ちが楽になった気がしました。

「やらないことの明確化」てとても大事!

会社員としてしばらく働き、そろそろ「慣れ」や「社内評価」「人間関係」等疲れを感じてきた方々がお読みになると、リフレッシュした気持ちで仕事に取り掛かれるような気がします。

心に響いた言葉

”やらないことの明確化”

多くの社員は作業を終わらせたことに達成感を感じるが、「5%社員」は作業の結果、成果が表れたときに満足感を得る

レビュー10選

  1. トップクラスの行動を分析して、数値、データ化してあるからこその説得力に惹かれた。これからトップクラスの行動について、自分なりにまとめて、今後のキャリアに活かしていきたい。
  2. ぜひ再読したい。ここ最近読んだ本でも1番オススメかも。
  3. トップ5%社員と95%の一般社員との比較。トップ5%社員は、レスポンスが早い。緊急案件より重要文化財事項を評価する。トップ5%社員は本を読む。やらないことを決める。金曜の夜に充実感を得る。好きなことを自分で選んでやる。適度な有酸素運動をしている。ランニング、女性はヨガやピラティス。
  4. 「仕事のできる人」がどういう思考で行動しているのかを知ることができた。意外だったのは内向的な5%社員がいるということ。人と関わることを諦めない人、人・モノに限らず興味を持つことができる人が5%社員になり得るのかな、と思う。行動実験の材料として、即レスと振り返り時間の確保、声のかけ方の意識を実践してみたところ、「意外と良かった」。生産性という言葉をよく耳にする一方、腹落ちしていない感がずっとあったが、本書と実践を通じて少し見えてきたように思う。読んでよかった。
  5. 斜め読みしました。
    私は金曜日の夜に味わうものは達成感<開放感だし、土日も仕事のこと考えてたりするので95%の方にいるのかも。本の通り全てを行うのはハードルが高いので、8割くらい目指して(5%を目指すためではなく、仕事を効率的にやるために)出来ることからやってみよう。
  6. 過程よりも結果。
    自分の弱みを見せて相手の懐に飛びこむ。
    好意の返報性を引き出す。
    笑顔の連鎖を作る。
    挑戦=実験。
    意識ではなく行動を変える。
    完璧を目指さない。
    完成度が低くても行動して意見を求める。
  7. 著者の別書籍のトップ5%リーダーの習慣を読んで、面白かったので本書を手にとった。 定量的なデータが多くて腹落ちしやすかった。 参考になったのは、 トップは意識変革をしない、発言回数多く発言時間は短い、口癖は今いいですか、どう始めるかでなくどう継続させるか など。 統計データだけでなく、今すぐ始めたくなるような具体的なツールや作業の仕方も紹介してあって、一般的なサラリーマンであれば一度は読んでも損しないのではないのではなかろうか。
  8. アウトプット週間を作ってる ・内省タイムを作ってる 少しずつ実践していきたいです。まずは笑顔からやってみまよ。
  9. 発言回数は22%多く、発言時間は24%少ない。アウトプットの定着。メモ好き。
  10. トップ5%の人たちは、バランス感覚が絶妙。ダラダラ仕事しない、状況みながら集中する所を見極める。でも固執しすぎない。ビジネスマンというよりも企業アスリートと呼ぶ方がいいかもしれない。

最後に、このページを見ている方で、リベラルアーツ大学のYOUTUBEをご覧の方はいらっしゃいますか?
両学長が口をすっぱくおっしゃっていることと同じことが何度か書かれています。
リベ大生は「これこれ!」と思うのではないでしょうか。

タイトルを見ただけだと手が伸びませんでしたが、改めて読んで良かったです。
知るのと知らないのでは大きな違いですね!

タイトルとURLをコピーしました